笑い皺の原因2 よく笑う人の方ができやすい

 

 

笑い皺は、よく笑う人の方ができやすくなります。

 

 

表情の癖でできるシワなので、たとえば眉間のシワもそうですよね。

 

 

眉間にシワを寄せる表情をすればするほど、シワが深く刻まれてしまいます。

 

 

これと同じで、笑い皺もたくさん笑えば笑うほど出来やすくなりますし、シワも深くなってしまうという事です。

 

 

もちろん、お肌のハリ不足とか乾燥も原因ではありますが、笑い皺は「表情ジワ」の一種なので、表情豊かな人ほど出来やすくなってしまうのです。

 

 

以前、テレビで「シワを作りたくないので私は笑いません。」という女性がいましたが…。ずっと無表情で楽しくなさそうでした。

 

 

目尻にちょびっと笑い皺があるくらいなら可愛く見えることもあるけど、シワが深くなってしまうとやっぱり嫌ですよね。

 

 

男性なら笑い皺が魅力的!と言われることもあるみたいですが、女性はやっぱりシワが少ない方が若々しく見えるのも事実(>_<)

 

 

「この笑い皺をチャームポイントにしてしまおう!」と思えるまでは時間がかかったり。本当、肌の劣化との闘いですよね(‘’_’’)

 

 

 

じゃあ、よく笑う人は諦めるしかないの?

 

 

「じゃあ、よく笑う人は諦めるしかないの?」かというと、そうでもありません。

 

 

笑い皺を作らないために笑わないなんて、毎日が楽しくなくなりそうですよね。

 

 

魅力的になるために笑い皺をなくしたいのに、ずっと無表情なんてさらに魅力がなくなりそう。

 

 

大事なのは、今よりシワを深くしないことです!

 

 

(カンペキに笑い皺を消したい!という人は、ボトックスを打つしかありません(>_<))

 

 

今より笑い皺を深くしないためには、肌のハリをアップさせつつ紫外線対策を抜かりなくおこなうことが大事ですね!

 

 

ピーリングを定期的にして肌のコラーゲンを増やしたり、肌を乾燥させないようにいつも気を付けるようにしましょう。

 

 

朝はそうでもなかったのに、夕方鏡をみると笑い皺がひどい…!という時は、乾燥でシワが悪化している証拠です。

 

 

ミストやクリームを持ち歩いて、メイク直しのついでに保湿ケアもおこないましょう。

 

 

あと、紫外線は肌のコラーゲンを破壊してしまうので、外に出る時は日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

 

 

くもりの日でも紫外線は出ていますからね(>_<)

 

 

のちのち後悔しないように、毎日万全な状態でお出かけしましょう^^

 

 

 

以上、笑い皺の原因2つめでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です